他人の輩と、自分の輩を比べちゃいけないいんです

建物には2年のミニチュアシュナウザーが居ます。

半年で建物に来た時は、他の犬を見ると吠えまくるとか、甘噛みしまくるとか、内部でマーキングするとか実にの問題児でした。
ミニチュアシュナウザーの本質は活発で言いなり、才能検証って書いてあったんですけど・・・
今でははなはだ落ち着いて、マーキングと甘噛みは概してしなくなりました。

お散策の時は此度だに落ち着きがなくてひっぱったりまごまごしたり・・・
前からおんなじ犬が歩いてきた時にびっくりするぐらいおとなしいのでちょっとうらやましくなりました。
他人の乳幼児と、自分の乳幼児を比べちゃいけないいんですけど。

落ち着きがない本質ですが、明るくて時分です。
一気に「なでて、なでて~」と鼻を押し付けてきて、なでてあげるとおなかを見せてごろごろします。
遊具で遊んであげるとトータルで面白味を指したり、甘えん坊で可愛いいんです。

色合いは悪徳&シルバーで口の周りとまゆ毛の当たり、つま先の方が白くて後は黒です。
つぶらなまぶたによく見るとくるんとした長いまつ毛!が1㎝程度あってとにかく愛くるしい。
俺と次女はいつもスマホで画像を撮りまくります。

ところが撮った画像を見るとまぶたがちゃんと写らない事が多いんです。
瞳の付近が暗闇で何だか恐ろしい・・・・ホラーです・・・。

自分のペットは最も微笑ましく撮りたいものです。
だいたい、黒い犬や猫を飼っている人はおんなじ憂慮を持っている事でしょう。

なんだかんだ発明しましたが、素晴らしく取るには面構えを写す見方が重要です。
面構えにあたる光線の角度によってまぶたがちゃんと写るかどうかが決まります。

院内で電気を明るくして前文から撮ると可愛く映ります。
ところが前文を向かせるにはおやつや玩具で気持ちを惹かなければなりません。
興奮して落ち着かなくなるのでピントを合わせるのが難しいです。

寝ころんでいるときは自分もおんなじターゲットになって極力近所から撮ったほうが賢く採れます。
出先で撮ると賢く撮れるそうですが、家庭のワンコは散策の時はさっそく落ち着きがないのでカメラターゲットが撮れませんでした。

検索してみると黒い犬の画像の撮りやつのみ成功しました。

隣からライトを当てると良いそうです。屋外では曇りだけど嬉しい日光が良いそうです。
近所によっておんなじ高さにしゃがみ酷い置き場から撮る事態。
iPhoneで撮るときは明るくするために露出を上げます。
雰囲気はかわいい色合い、またはグレー。白は向いていないそうです。

お子さんが中学校になるとカメラを向けるだけで嫌がるので、一年中ワンコの画像を撮ってスタンプ代わりに周りにLINEしたりしてある。
そういえば秋田犬に外人のお姉さんが「あなたの画像ばかりじゃない!」って言っているケータイのコマーシャルは共感できますね~。
あの秋田犬可愛らしい!!海外では秋田犬がおとな気持ちみたいです。

ともかく黒い犬はまずまずかわいらしく撮れないので賢く撮れるとうれしいものです。神奈川の業者はここ